議会の役割

 地方公共団体の議会は、憲法及び地方自治法の規定に基づき、住民自治に立脚した議事機関として各都道府県や市町村に設置されているものです。
  福岡県議会は、県民の皆さんの代表として県内45の選挙区から直接選挙により選ばれた議員で構成され、住民の総意を県行政に反映するために活動しています。
 議会には、条例の制定・改廃、予算及び決算の審議、教育委員などの人事の同意、住民からの請願や陳情の処理など、地方公共団体としての重要な意思決定をし、行政の方向づけをするという大きな役割があります。