トップページ > 議会からのお知らせ > 請願・陳情について

請願・陳情について

請願とは?

請願の意義

 請願とは、国民に認められた憲法上の権利の一つであり、国及び地方公共団体に対して要望や意見を述べることを言います。

請願のながれ

 提出された請願(要件の整ったもの)は、下図のようなながれで審査されます。
 なお、採択された請願は、国等に意見書を提出したり、県に対して、その処理経過及び結果の報告を求めるなど、要望や意見の実現に向けて処理されます。

請願の流れ

請願の提出のしかた

 請願書は下記の様式により、要旨、理由、提出年月日、請願者の住所を記載し、署名または記名押印の上、県議会議員(1人以上)の紹介を経て、議長あて提出して下さい。 
 なお、請願は、定例会(2月、6月、9月、12月)で関係常任委員会に付託審査されますので、締切日を確認の上、提出して下さい。

請願書の見本

陳情とは?

 陳情(要望、要請、決議、嘆願なども含みます。)とは、請願と同様な事項について、国又は地方公共団体に対して、実情を述べ、その処置を希望することを言います。提出された陳情は、住民の方々の声を承知し、県政に反映させるため、関係委員会に回付され、必要に応じて質疑が行われます。
 提出に当たっては、請願と同様、必要事項を記載し、署名または記名押印の上、議長あて提出して下さい。
 なお、議員の紹介は必要ありません。


請願・陳情について | 情報公開制度について傍聴のご案内議会見学のご案内広報紙のご案内